宮城県

2024年5月16日 (木)

カフェモーツァルトテオ

リニューアルした仙台市博物館にカフェモーツァルトの新店が入ったと聞いて、ランチしてきました。

店名はカフェモーツァルトテオ

多分お客さん多いだろうと思って席予約しておきました。

窓際の席で景色もよかったのですが、外のテラスにもお客さんがおられたので写真は無し。

ランチのハンバーグをいただきました。

Img_2526

メニューの写真より付け合わせの野菜の盛りがちょっと少ないようだけど、サラダもついてるしまぁいっか💦

ハンバーグはお肉の食べ応えがあっておいしかったです。

ランチには他にパスタやカレーなどもありました。

この後珈琲も頼みましたがおしゃべりに夢中で写真撮り忘れ。

常に順番待ちの人たちがいて当分は落ち着かないかも?

しかしこの界隈は、地下鉄の駅、川内萩ホール、博物館、美術館に2店とカフェモーツァルトだらけ!

嫌いじゃないけど、ちょっと多すぎな気もしないでもない。

 

2024年5月13日 (月)

にほんしゅ屋nicoシマウマ酒店

前の記事のケーキを食べたあと、にほんしゅ屋nicoシマウマ酒店に行きました。

記録を見てみると6年ぶり。

内装がすっかり変わってカウンターがU字型に配置されていて、ちょっと以前の印象とは違う感じに。

突き出しは粕汁。

Img_2519

実は私も連れの友人も粕は匂いが苦手。でもこれはその匂いがあまりなくおいしかった。二人とも全部食べました。

前菜盛り合わせ的なもの。

蒸しホヤや枝豆の塩昆布和え、野菜のマリネなどいろいろ。

Img_2523

島らっきょう。大好き。

Img_2525

タケノコ焼きをばっけ味噌で。春だのぉ~。

Img_2522

胡麻ブリ。

Img_2521

春巻きと

Img_2524

餃子。

Img_2520

はー、お腹いっぱい食べました。どれもおいしかった~!

ここは量が少なめで出てくるので、少人数で行っても食べたいものがたくさん注文できるのがよいです。

にほんしゅ屋さんなのに6年の間に日本酒がすっかりダメになってしまって、焼酎ばっかり飲んでゴメンナサイ。

次は日本酒好きの人を連れていってたくさん飲んでもらいたい。

 

2024年5月10日 (金)

キルフェボン仙台

1ヶ月前の誕生日、友だちとお祝いケーキを食べにキルフェボンへ。

中に入るのは初めて。

私はオーソドックスに苺のタルト。

Img_2505

お味はさすがと言うべきか、苺もカスタードも生地もバランスがよくて甘さもほどよくて、すごくおいしかった!

友だちは柑橘類のタルト。

Img_2506

こちらもおいしそう!

私、キルフェボンのケーキはもっと大きくて胃もたれする系かと思ってたんですが、全然違ってました。

これは季節ごとに通いたくなる~。

うーむ、またしても好きなお店が増えてしまった。

 

 

2024年5月 9日 (木)

瓦山bakery&cafe@台原

台原駅のすぐ近くに去年オープンしたパン屋さん、瓦山bakery&cafe

何度かパンを買いに行ったことはありましたが、奥の方に席もあるのでお茶に時間に伺ってみました。

スイーツ系のパンや焼き菓子はすべて売り切れだったので、袋入りのラスクを買って、ドリンクはコーヒーで。

Img_2466

ラスクがおいしくてあっという間に食べてしまいそうになるのを我慢して半分で抑えました。

お庭が見えて素敵な店内なのですが、満席で写真は撮れず。

ランチも早めに行かないとなくなるみたい~。

これは友だちと席予約をして行かねば。

台原は以前行ったサトミキルンといい、素敵なカフェが多いのです。

 

 

2024年4月26日 (金)

仙台一高の桜と3007cafe

先週、連坊まで地下鉄に乗って、仙台一高の周りに咲いている桜を見にいきました。

もちろん学校の中には入らず外から眺めるだけです。

Img_2569

もう散り始めで、風に乗って花びらが舞っていてそれもまたきれい。

広い敷地の東西南の三方に切れ目なく桜が植えられていて見事です。

Img_2572

でもきっと高校生のうちは、そのきれいさにはあまり気付かず、卒業してから懐かしく思うのでしょうね。

フェンスの影が入っちゃった。

Img_2573

そこから少し東側に歩いて、陸奥国分寺薬師堂にも行ってみました。

こちらも満開は少し過ぎていたけどとってもきれいでした。

Img_2576

Img_2575

Img_2578

たまには車ではなく自由に歩いて回るのもいいですね。

そのあとは、仙台駅に戻ってtekuteせんだいの中にある3007cafeでランチしました。

いただいたのは和もの彩りというセット。

Img_2579

おかずは全て野菜とお麩で、ご飯は雑穀米と超ヘルシー!

ご飯の前は歩いたし、めちゃくちゃ健康的な一日でした。

新しいtekuteの中には行ってみたいお店がたくさんあったので、少しずつ制覇していきたいな。

 

2024年4月24日 (水)

角田市の菜の花

4月の初め、角田市の河川敷の菜の花が咲き出したとニュースで見て、7日の日に見にいってみました。

菜の花まつりはまだ始まる前で、一見すると満開に見えるけど、よくよく近づいてみたらまだ蕾がいっぱいでした。

土手の上には桜の木がたくさんあって、これが満開になったらさぞかしきれいでしょう。

Img_2482

とてもかわいい花だけど、どうも私は蕾を見るとおいしそう…と思ってしまって。

Img_2486

でも食用の菜花と観賞用の菜の花は違うそうです(^_^;)

今はまだ咲いているかなぁ。

来年は桜の時期を逃さないように行ってみよう。

2024年4月 5日 (金)

2月3月に食べた甘いもの

たまっている写真をちょっと整理。

こちらはケンミンショーで見た岩手のかりんとう。

夫が出張で盛岡駅に立ち寄るので買ってきてもらいました。

Img_2423

薄くてパリッとしていておいしかったです。

これはスターバックスの、桜のシフォンケーキ。

Img_2422

ほんのり桜の香りがしてめちゃくちゃおいしかった。2回食べました。

お次はシベールの雛祭りのショートケーキ。

Img_2400

パンを買いに立ち寄ったのに、ついケーキにも手が伸び…。

こちらは藤崎の催事で買った、京都の『茶の菓』。濃茶のラングドシャです。

Img_2420

以前友人にいただいてから大好きになって、催事のたびに買っています。

次は、春になると買いまくる苺大福。

山形の長榮堂と、戸田屋正道のもの。

Img_2390

右の大きい方が長榮堂で抹茶クリームと練乳、戸田屋の方は白あん。

Img_2391

それぞれ個性があって、どちらも毎年食べたくなる~。

最後は泉中央のアドゥマンの…イチゴのタルトかな?忘れちゃった。

Img_2385

こうして並べてみると、自分がいかに食べすぎかよくわかります!

そら太るわ。

4月は少しは控えたいけど…。

誕生日も帰省もあるから多分無理。

2024年3月29日 (金)

カフェモーツァルト クレーズコーヒー@青葉区川内(6)

川内萩ホールにあるカフェモーツァルト クレーズコーヒーに行きました。

この日のランチはルーローハン。

頼みながらルーローハンってなんだっけ?と思ったのですが、今調べたら豚バラ肉を甘辛く煮込んでごはんにかけたものだそうです。

Img_2437

お肉の他にも野菜がたっぷりなのがこのお店のいいところ。

よく混ぜていただきました。

食後はコーヒー。

Img_2438

窓際の席に座ったのですが、この日は3月11日でまだ外は寒く、桜の木も寂しい感じ。

Img_2439

きっと今日辺り花盛りではないかしら。あとで見にいってみようかな。

 

 

 

2024年3月22日 (金)

山盛り生クリームが有名なあのお店

泉のアウトレットでお昼を食べようかな~と思ったとき、ふと最近できたハワイ生まれのお店に気付いて入ってみました。

自分としてはオムレツとかハンバーガーならいけるかな?と思ったんだけど、メニューを見て急に何事も体験と考え直し、ホイップクリームてんこ盛りのパンケーキを頼んでしまったのです。

じゃーん!

Img_2398

すっげー!写真とおんなじ。パンケーキも思ったより大きいのが6枚も!

果敢に挑戦してみましたが、わりともっちりしたパンケーキですぐお腹いっぱいに…。

クリームの重さがだんだん負担になってきて、やっぱり途中でギブアップ。

せめて半分以上はとパンケーキは4枚バナナは全部、ホイップクリームは3分の1ぐらいいけたかな…。

非常にもったいないことをしました。

お客さんは当然若い方が中心で、無理するもんじゃないと反省しました💦

2024年3月11日 (月)

東日本大震災から13年

今年も3月11日が巡ってきました。

13年も経つと世間の興味はだいぶ薄れつつあるのかもしれませんが、今年は元日に能登で大きな地震があったためか、当時を思い出してまた思いを新たにする人も多かったようです。

写真は昨年、亘理郡山元町にある震災遺構 中浜小学校 に行ったときのもの。

Img_1668_20240311155701

Img_1667_20240311155701

Img_1665_20240311155701

Img_1663_20240311155701

折れ曲がった建具や、浮き上がった床材、落ちかけの天井、流れてきた木などが保存公開されています。

こちらの小学校では、建築時に周りの土地より嵩上げして建てられていたため津波は2階までしか到達せず、子供たちは屋根裏に避難して助かったということです。

避難していた時のまま保存してある屋根裏も見学することができました。

このような震災遺構は沿岸部のいくつかの市町にありますので、今後も機会があれば訪れていきたいです。

そしていつまでも忘れないように。日本中どこにいても災害時の自分の行動を考えていきたいと思っています。

 

 

 

より以前の記事一覧